魂は何よりも優先される

人生において将来に向けて考えて行動することは誰もがあると思います。

その上で『魂』というのは影響力が非常に大きな存在ですので、意識するとスムーズに人生が歩めることがあります。

困難なことよりスムーズなことの方が心地良いですし、これからの時代に合っていますので記事にしてみたいと思います。

魂について

魂

魂とは肉体に宿り、「生まれてから死ぬまで」離れることはありません。

だからこそ、一番信頼できる存在なのだと思います。

「肉体は滅んでも魂は不滅」という言葉もあります。

人によっては、魂の状態での記憶があるということもありますので、自分と向き合う一つの指針になるのではと思います。

とはいっても、魂がどのような影響を与えるのかイメージできないかと思いますので、自身の体験から分かったことを書いていきたいと思います。

魂の体験

魂 選択肢

・選択肢がない時

人生を振り返った時、どうしても避けられなかった体験があるかと思います。

まさに、「選択肢があるようでなかった体験」ですね。

そういう体験は、魂が導いた出来事です。

というのも、魂は生まれてくるときに「〇〇の体験をしたい」と予め設定して生まれてきています。

その為、設定した体験を実現する為に魂は導いてくれます。

だからこそ、何をやるべきか分からない時も焦ることはありません。

まだやることは見えていなくても、パズルと同じでいつか全体像が分かる時が訪れます。

・人生が今まで通りには生きられなくなった時
今まで普通に会えていた人と出会えなくなることがあります。
人生の転換期という見方もありますが、関わる人間や環境が変わる時に起こります。
・急に生き辛さを感じるようになった時
これは2つの理由がありますので、状況に合わせることが必要です。
何かうまく生きられなくなったと壁のような障害を感じることがあります。
周囲と噛み合わなくなるような感覚です。
この場合にまず試して頂きたいのが、『回避できることなのか?』という点です。
回避できるのであれば、迷わず回避した方が良いでしょう。
その環境や問題が取り組みたいのであれば、向き合うといいかと思います。
ですが、基本は「しっくりくる」という「心地良い」感覚が大切なので、次のステージが待っているお知らせのパターンが多いです。
もう一つは、「回避できない場合」です。
どうしても乗り越えないといけない内容の様です。
これは、魂の導きによることですので、必ず何かの学びがあります。
我慢してでも受け入れるしかありませんが、その学びの期間が終えると学びの分だけ大きく進むことになります。
僕の体験では、世の中で起きることとリンクしている学び期間のような感覚がありました。

魂が優先されるとは?

魂 優先

「運命」は変えられるが「宿命」は変えられない。

「運命」は、努力や意志で変えることが出来ます。

とても大変ではありますが、人生を自分で作っていくという努力で叶えることが出来ます。

「宿命」ですが、魂が設定した使命と言うとイメージが出来るかもしれません。

どうしても、肉体を持って生まれる条件ともいえることですので、素直に魂の導きを感じたときは受け入れることが大切です。

ですが、「嫌だなぁ」と思う体験があるかもしれません。

僕の経験としては避けたとしても、いつかは行わないといけないと感じました。

それまで、「嫌だなぁ」と感じなくなるまでの下積みと言える体験がありました。

回り道したような氣もしますので、素直に受け入れられる限りはやってしまった方がいいかと思います。

まとめ

魂の導きはありますので、必ず学ぶべき課題と取り組む環境は訪れます。

それは言い換えると今世において、逃げ出せないことでもあります。

実際に、前向きな氣持ちで取り組める時はスムーズに出来るかと思います。

人によっては得意なこと、苦手なことがあり、それぞれの体験があることもあると思います。

現実が訪れた段階では、その全容までは氣付けないかもしれません。

ですが、その体験は積み重なり、いつか点が線となって繋がることで全体像が分かってきます。

山登りでいう頂上に登って、全景を見渡した清々しさがあると思います。

その経験は自信となり、より大きな山にチャレンジできる強さを身に付けることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました