植物は人類のお手本

植物

植物は何か話すことはありませんし、これといった動きがある訳ではありません。

ですが、言葉ではなく「生き様」として人類に教えてくれていることがあります。

厳密にテレパシーという概念からは、植物との交流も可能なようですが、今の人類にはまだ無理な方がほとんどでしょう。

植物は弱そうに見えるがとても強い

植物はどんどん成長していきます。

何も手入れをしなければ、いつの間にか雑草だらけになっていることはよくあることです。

注目なことは、やわらかく弱そうなのに頑丈なコンクリートをくぐり抜けて育つことがあるということです。

他には、日が当たらないと育たないと言われている植物も日が当たっていなくとも育つことがあります。

こういった逆境にも負けず、ぐんぐん成長する姿は人類が学ぶべきことだと思います。

人類の心

心は目には見えませんが、時間と共にどのような人間になるかは心次第と言えます。

スポーツにおいても同じトレーニングをしても結果が変わります。

また、人間力という総合力にも大きな差が付きます。

これは、植物を参考にするとイメージしやすいです。

植物は育つ方向は決まっていますが、障害があると巻き付いたり、突き抜けたり、横にそれていったりと育つ方向に変化が表れます。

どこまでも真っすぐ伸びる場合であれば、コンクリートでさえ突き抜ける力強さがあります。

また、突き抜けるのではなく、交わして巻き付くように育つこともあります。

横にそれながら、別の場所から出てくることもあります。

これは、環境に大きく左右されます。

人間も同じように考えられます。

環境によって、『常識』や『限界』を決めることは、わざわざ自分に制限を設けることになります。

本当は、真っすぐどこまでも育つことができるのに、言い訳や嘘を付いて生きるということは、自ら生きにくい人生にしていると言えます。

人生には様々なタイミングがあります。

危険を回避しながら生きることが良い時もあります。

適材適所なので、自分が輝ける場所となかなか出会えないこともあります。

ですが、大切なことは『人生にムダはない』ということです。

そして、【自分の心で決めることが現実に起きる】という事実です。

これからの時代

地球は緩やかながら次元上昇をしています。

地球に住む生命は、その影響を嫌でも受けます。

その為、時代の変化に適応していく必要があります。

古臭い『常識』や『価値観』を浄化させていくことで時代の波に乗れます。

植物の育ち方のように自分で自分の人生を決めているという現実と向き合う必要があります。

これからどのような生き方がしたいですか?

次元上昇とは、簡潔にいうと心で思ったことが現実になりやすくなることを意味します。

元々、魂の状態ではすぐに思ったことが現実にすることができる次元です。

これからは、肉体を持ってその次元に進む時代に突入します。

魂の時にはできなかった、肉体を持っていますので、五感をフルに活用して喜びの体験を満喫できる生き方が出来るようになります。

全ては『心』次第です。

まとめ

現実に起きていることは、今の学ぶべき課題が起きているに過ぎません。

それは、「心の強さを試されている試練」です。

交わすのか、突き抜けるのか。

方法はいくつもあります。

突き抜けるのであれば、物事の本質を見抜く必要があります。

目に見える範囲だけで考えているようでは本質には氣付けません。

一番確実なことは、手の届く範囲で一緒に上がっていける人材と繋がることです。

生まれたタイミングや経験してきた苦労によって学びの深さは変わってきます。

だからこそ、古い常識ではなく、新しい時代に向けて生きている人材と繋がり学ぶことが最短です。

植物でいうと、まだ芽が土から出ていない状態では、すでに芽が出て伸びている植物にはどうあがいても手が届きません。

自分が上がるしか、同じ目線に立つことはできません。

ですが、同じように時間が経過しますのでもっと伸びています。

差は縮まることはありませんので、自分と同じ手の届く範囲の存在と上がることになります。

しかし、育つ方向も大切です。

どこに向って生きるのか。

決めるのは、本人の心次第です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました