発達障害とは人生の道標

発達障害

発達障害と診断されることで、生きやすく感じる方もいれば、生きにくく感じる方もいます。

生きやすく感じる方は、自分のことをより知る機会となり、今までの苦労してきた理由が明らかになることで、本当の自分に合った生き方を選択できるようになります。

生き辛く感じる方は、まだ将来的な面で不安を感じている方が多いように思えます。

今回は、発達障害だからこそ発揮される個性がどれほど魅力があるのかという点についてまとめてみたいと思います。

発達障害の比率

そもそも、日本には約10人に1人という割合で発達障害の傾向があると認識されています。

物質的な理由としては、戦後のモリモリな大量の添加物の接種によるDNAの変異によることが大きいのかと思います。

ですが、肉体の物質的要因を踏まえて、この時代を選んで生まれてきた【魂】の視点で考えると非常に前向きな希望しか見当たりませんでした。

発達障害のデメリット?

発達障害の問題は、感覚のバランスが崩れている為、得意不得意の差が激しいことにあります。

五感で感じる過敏な感覚は、決して否定的に捉える必要はありませんが、社会に適応しようとしたときに周りとの協調が取れず、生き辛さを感じることになります。

周りの人と合わせようとする際に、協調性がないと判断されることがデメリットと考えることはできるでしょう。

ですが、本当にデメリットなのかは疑問が残ります。

発達障害のメリット

今の社会をどのように感じますか?

ブラック企業が多数存在していて、人を人として扱わない体制の会社が存在していて良いのでしょうか?

お金だけを求める集団に自分を当てはめることは、自分を押し殺す行為に他なりません。

まして、環境には慣れていくものですから、他者を押し殺す社会に自分が染まることを意味しています。

個人的には、他者を蹴落として居座ろうとするのではなく、一人一人が違った個性を発揮して共存できたらと思います。

発達障害であるが故に、簡単には社会で自分の居場所を見つけることは難しいでしょう。

ですが、そもそも自分が合う場所など簡単には見つかりません。

「終身雇用」という死語が世の中に浸透する現在は、複数の会社を転職することはむしろメリットではないかと思います。

様々な職種を経験することは、自分の視野を広げる絶好の機会です。

自分のポテンシャルは、誰にも決められない計り知れないことなのです。

発達障害があるお陰で、自分の居場所を探す、あるいは作ることができます

人生に無駄はありません。

発達障害がない方は、自分を押し殺す機会が増えるのではないでしょうか?

その為、無理すれば生きていけるのであれば、無理をし続けないといけない環境で生きていることを意味しています。

まとめ

発達障害が氣にならない場所こそが、目的地になります。

その場所に辿り着くまでに身に付けた経験は必ず生きてくるようになります。

発達障害で苦労した経験の数々は、それだけ他者の心に届く共感ができます。

そして、苦労した分だけ人を導くことが出来ます。

今なお、辛い最中にいる方は非常に多いです。

現在の社会が大きく変わってきますので、個人の時代が訪れます。

今しかできない貴重な体験から逃げずに立ち向かって頂けたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました