増税という【現実】を変える方法

個性

今回は「増税」を例にしながら【現実】を変える方法についてまとめていきます。「よくあるお金を稼ぎましょう」という金儲けの記事ではないので、ご安心ください。

”本質”に氣付けば、個人単位で変えていくことができますので最後までご覧頂けたらと思います。

動画でより詳しく解説していますのでご覧頂けたらと思います。

結論

先に結論から述べておきます。

増税とは、国民全体に対する「学び」として起きている現実に過ぎません。

国民全体の意識が本質を学べば、「増税」という現実が必要なくなるという仕組みです。

この世は集合意識によって決まる真理ですので、「平和ボケ」した意識が変われば現実も変わっていくようになります。

現実的には、個人単位で増税が氣にならない現実側で生きていければと思います。

国民が「平和ボケ」していることが原因なので、少しずつ負荷を強めて起こそうとしているに過ぎません。

この本質の意味を知ることで、抜け出すことが出来るようになるという仕組みです。

世の中と僕の状況【現在】

まず、世の中と僕の状況について説明します。

時間という概念が変わってきますのでイメージしながらお読みください。

世の中

世の中の大半の方は、増税や物価の上昇による経済面への圧迫で生活が困窮されている方が多いです。

免れているとしたら、学生(税金負担率の少ない)やお金持ちの方くらいでしょう。

僕の状況(現在)

仕事を辞めて、収入は無くなりました。

ですが、お金がなんらかの流れで入ってくるようになり、次の収入に繋げる活動ができるようになりました。

重要なのが、「何らかの制度による収入」や「貯金」とかではないということです。

心理状況としては、全く不安に感じることもなく、経済苦というステージは乗り越えたという確信です。

経済苦というステージ

2014年〜2020年に非現実的な現実が僕の身に起こり続けました。

なんとか努力でどうにかしようと強い氣持ちでは解決できず、『自己破産』する結果となりました。

自己破産をする前と後では心理的状況がかなり変わってきました。

その後の現実が変わったことで、氣付きは学びへと繋がりました。

答えとしては、【現実】は変えることができるということです。

ここでお伝えしたいことは、どうして僕が経済苦のステージを超えることが出来たのかという点です。

自己破産はキッカケに過ぎませんでした。

ただ、僕の経験と同じように皆が自己破産を体験しないといけない訳ではありません。

ですが、本質の学びがない方は同じ体験が必要になるかもしれません。

なのでこの記事でご紹介していきます。

増税の意味

まず、増税という現実が何を知らせているのか?という点です。

無駄な現実が起きることはありません。

必ず何かの意味があるので、増税という意味から知る必要があります。

増税が与える影響

増税や物価の上昇が起き続けていますが、このまま進んだ場合どのようになるでしょうか?

収入は過去30年間は増加していないにも関わらず、支出だけが大幅に増えているのが現状です。

これは国民のほとんどの方が対象となり影響を受ける形になります。

つまり、国民はほとんどの方が同じ問題を突き付けられている現状があります。

戦争のある国や平和な国があるように、この世界は正反対なことが同時に起こる世界です。

その為、増税が苦しいのではなく、氣にならない「現実」が作れるようになれたらと思います。

収入に個人差があるので、時期に差は出てきますが行き着く先は『破産』です。

誰もが自己破産はしたくないと思います。

ですが、本質に氣付かなければ増税は止みません。

またもっと酷い現実を突き付けられることになります。

今は、このようにヒントも出てくるようになりました。

増税という現実は、政府も起こしたくて起こしている訳ではありません。

国民が氣付けば変えることができます。

何の為なのか?

人類が進歩する為 です。

僕の感覚としてお伝え出来ることとして

・時間という概念が変わる

・現実は個人規模から変えることが出来て、集団になることで全体の現実が変わる

・制限はなく自由です。

少しずつですが、情報発信していきます。

価値

価値について考えてみましょう。

お金が減っていく中で、どうしても守りたいことがあると思います。

たった一つだけだとしたらどうでしょうか?

残ったお金と引き換えに守ることができることは何がいいでしょうか?

【命】だと思います。

人類のテスト

お金<命

このテストが行われました。

世界規模で行われた「ワクチン接種」です。

日本は海外より後に始まるというハンデもあった状態です。

ですが、日本は国民の約8割が接種してしまいました。

 

・自分で調べもしない

・止める人の声にも耳を貸さない

・仕事先や政府から言われたからという責任転嫁

 

『平和ボケ』と言われる所以です。

 

銃社会ではないから、命の危機感がないのかもしれません。

お金があれば、物事の大半が解決できるということもあるでしょう。

大切なことは、現実から何を学ぶのかになります。

本質を学んでいなければ、分かるまで似たような現実が訪れることになります。

増税の学び

まずは平和ボケを解消することが目的です。

その為、少しずつですが命の危機感を現実的に理解できるようにお知らせされている意味があります。

もし、任意のワクチンを国民が接種しなければ、増税という現実は必要なかったでしょう。

あくまで今の国民レベルに合わせた対策が増税という圧力です。

命の危機感を感じさせることで、命の大切さを再認識していこうという段階です。

寝ている人を少しずつ強く起こそうとしているに過ぎません。

情報の意味

・緊急事態条項

・食糧危機

・昆虫食

などの情報が出ていますが、本当に実行するのであれば情報は流しません。

わざわざ情報として流しているのは、この現実が起きないと氣付かないのですか?

というお知らせです。

今の国民は「自分の身に起きないと分からない」ほど、想像力が乏しいです。

 

「政府が変わればいい」というズレた人任せな意識、行動では何も変わりません。

一人一人が意識から変わらなければ、現実は変わりません。

 

ですが、増税程度の内容であれば、個人レベルで脱出することができます。

今の僕がそうなのですが、増税が氣にならない現実が起こるようになります。

あくまで増税が必要な人に合わせて、世の中で起きている現実なので、困る人は該当しているので、氣付いて頂けたらと思います。

まとめ

現実は、個人に合わせたレベルで起こりますので、心や意識で氣付くとそれぞれのステージに合わせた現実が訪れることになります。

収入の入り方など、人それぞれに合った形で現実が作られます。

その為、一つの方法で努力して解決するという古いやり方は求められていません。

とはいえ、戦争という多数を巻き込まれるような現実は困りますので、一人でも多くの方が氣付いて頂けたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました