【治療方法】発達障害は靈障である

発達障害

今回は、発達障害の治療方法をテーマにまとめてみたいと思います。

あくまでも発達障害は複数に分かれている為、特定の症状に合わせてということではなく、全体的な方法として書いていきたいと思います。

実際に僕も「精神障害者手帳3級」を持っていて診断された結果としては、ASDとADHDでした。

そして、発達障害の方は誰かと一緒に住むことは難しいという声も多いです。

確かに、コミュニケーションが円滑に取れずに他人との連携がうまくいかない時は無理もないかもしれません。

ですが、僕は相方と一緒に暮らしている中で発達障害と出会い、発達障害の症状が出ないことを知りました。

結論から言うと、発達障害は『靈障』です。

靈障ですので、症状が治まることもあれば、出ることもあります。

その為、「症状が出ない方向へ向かう」ことが治療方法となります。

例えば、「風邪」も同様です。

体調を崩すことで、風邪の症状がでますが完治すると症状は治まります。

環境や状況によって風邪の症状が出ることと発達障害は似ています。

問題がある時に発達障害の症状が出ているに過ぎません。

発達障害の症状が出る理由

発達障害は、時代が求めているとも言えます。

「目醒め」を促されている日本人に多いのも理由の一つです。

病氣や障害は生きている以上、避けては通れない問題です。

強制的な課題ではありますが、氣付くべきことや学びが得られることで症状が治まります。

これは「目には見えない世界」からのメッセージです。

この世は目に見える世界が全てではなく、目には見えない世界について理解を深める必要があります。

目に見えない世界は、感覚の世界になりますので五感を研ぎ澄ましていくことが大切です。

ソースだとか情報源は?と言っている意識の人は、目に見えない世界とは無縁の生き方をしているに過ぎません。

自分で体験していないことだから、分からない故の発言に過ぎません。

体験している人にとっては、避けては通れない道なので、自身で必要だと思ったことを試行錯誤していく他ありません。

発達障害の治療方法

これは人によって異なります。

『症状が治まる生き方をしていく』というのが結論になります。

環境、意識、関わる人、など様々ですが、「症状が落ちつく状況」というのが必ず存在します。

必要な経験を積むことで、その状態が訪れます。

間違っても ”クスリ” や物質的な方法では解決することではありません。

あくまでも氣付きや学びの為にあって、人生での道標に過ぎません。

発達障害からの学び

発達障害は「遺伝」によるものと言われています。

肉体は先祖から引き継がれてきていますので、先祖について考える必要があります。

趣味趣向、どのような病氣の家系なのかというのは、大きなヒントになります。

遺伝とはいえ、必ず同じ病になることはありません。

無意識に習慣化される要素を遺伝で引き継いでいるからこそ、その家系の悪い病氣なども引き継がれていると言えます。

癌の家系は多いですが、第二次世界大戦後に「癌」も急速に増えています。

それ以前はどうだったのか?

調べてみると良いかと思います。

また、髪の毛に関しても薄くなる家系もあるようですが、意識や習慣から避けることも可能だという事実もあります。

「遺伝」という言葉に対しての捉え方も変わります。

まとめ

発達障害が障害として現実に起きていることは、意味があって無駄なことではありません。

障害として捉えられる環境ではない場所を作ることが大切です。

また、人も合う合わないというのは、発達障害に限らずありますので、縁が合って価値観の合う人との出会いを大切にしていくと良いでしょう。

「環境」も同様です。

縁のある土地、職場というのは存在しますので、学ぶ必要がある場所と関わることで症状が治まることもあります。

発達障害の捉え方もポジティブな意識で捉えるかどうかで現実が変わってきます。

感覚が大切ですので、鈍感であるより繊細な感覚がハッキリしている分、分かりやすくて良いかと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました